大先生がとても良いアドバイスをしているのにもかかわらず学生が頑固に自説を曲げないのを見たことがあるのだが、せっかくの良いアドバイスを聞かないのは阿呆じゃないかと思った。 一方、半可通な人が自信たっぷりに変な指導するのを素直に信じる人もよく見かける。

知見が足りない人は正しい指導とそうでないものを見分けることは難しいかもしれないが、 指導者についてよく知っていればこういう問題は起こらないはずである。

  1. 指導者の資質を見極める眼力を持つ
  2. 良い指導者の言うことは素直に聞く
  3. 怪しい人の言うことは聞き流す
ということが重要だろう。 私の場合、3.に該当するためかあまり真面目に話を聞いてもらえないことが多いのが残念なのだが。