パソコンキーボードの右手小指の位置はコロン/セミコロンになっているのが普通だと思うが、 セミコロンなんて滅多に使うものではないのだから こういう打ちやすい場所に割り当てられているのは非効率的である。 私は10年ぐらい右手小指を改行キーに割り当てて快適に使っている。 CやJavaScriptなどのプログラムではセミコロンが多用されるが、 改行に比べると頻度は圧倒的に少ないので特に困ることはないし、 プログラミングしない人ならなおさらである。

MacだとKeyRemap4MacBoook, WindowsだとXKeymacs というソフトで簡単にキー割り当てを変更することができるのでぜひお試しいただきたい。 私はMacの右オプションキーをセミコロンに割り当てている。